カテゴリー : 卒業生リレー

卒業生リレー⑧ 鈴木博也

こんにちは
ラストの8番目は鈴木博也です。

本当は4番目に更新する予定だったのですが、学生時代と同様に時間を守れず最後になってしまいました。
えーけんには特に迷惑かけちゃってごめんねorz

先日の追いコンでは見城先生をはじめ多くのOB、OGの方にお越しいただきありがとうございました。
また企画してくれた後輩の皆さんもありがとうございました。

この文を書く前にみんなはどんな風に書いているのか気になって読んでみたら涙が出てきました。(特に原田のは感動しました(TT))
本当にいい同期に恵まれました。
8人もいれば特に仲のいいやつもいるし、よく遊びに行くやつもいます。
だけど6年間、苦楽を共にして頑張って来れたのはみんながそろっていたからだなと今更ながら思います。

僕らは8人もいたため良くも悪くも多くの影響を部活に与えてきたと思います。先輩方が作ってきた福島県立医大ラグビー部という伝統を受け継いで完璧な状態で下の世代に受け継ぐことができたとは思ってはいませんが、四定優勝、東医体ベスト4、メディカルセブンズベスト4というのはまあまあだったのではないかと思います。
しかし5、6年生の時の東医体ではどちらも3位決定戦で東北大学さんに敗れてしまい、メダルを福島に持ち帰ることが出来ずとても悔しい思いをしました。(みんなでめちゃくちゃ泣きました。)
8人も抜けるとまずチーム作りを1から始めなくてはいけないので大変だとは思いますが、あの悔しさを晴らすためにもまずは新歓で多くの新入生を入れて強いチームを作り是非メダルを取り僕に見せて下さい。
会津で待ってます。(夏休みが取れたら試合も見に行きます!)

卒業生リレー⑦ 林下宗平

こんにちは。

7番目は林下宗平です!

先日の追いコンではみなさん素敵な時間をありがとうございました。とても良い思い出です。

さて、仕事を始めて3日経ちましたが、オリエンテーションで話聞いてるだけなので学生時代と何も変わっていません。働いてる実感はありません。友達はできました。

ラグビー部に入った理由は、追いコンでも話したとおり新歓でチヤホヤしてもらい楽しくなったからです。あとは同級生の存在ですかね。僕は入部するのが少し遅くて、先に入部していた勇太郎とかに誘われて練習の見学に行った覚えがあります。先輩から誘われるのもいいですけど、同級生から誘われてたというのも入部の大きなきっかけとなりました。
この同級生とは卒業旅行で西日本旅行に行って来ました。1週間で大阪→神戸→四国一周→広島→山口→九州一周とひたすら車で移動しながら美味しいもの食べる旅(僕は高知で食べた鰹のタタキに感動しました)で、最高に楽しく笑いすぎた時間を過ごしました。同級生に恵まれて幸せです。みんなありがとう!

後輩の皆さんもぜひ同級生を大切にしてください。最初は気が合わないなーとか思う人もいるかもいれませんが、時間が経つと慣れてしまいます。6年間は長いです。案外最初にそう思った人のほうが仲良くなったりします。仲良くワイワイして楽しんでください。

ラグビー部には初心者として入ったので、先輩や経験者の同級生に色々教えてもらい、練習するほど試合にでるほど上手になっていく実感があり、ひたすら楽しい時間を過ごせました。辛いことや大変なことはなかったです。
大学6年間で唯一の心残りはダイエットすると言ったのに痩せれなかったことなので、これからダイエットします!これ書きながら腹筋ローラーしてます。本気です。

なんか話まとまってないですが、後輩の皆さんは一生懸命やりきれる何かを見つけてそれを楽しんでほしいです!勿論それがラグビーであることを祈ってます。

最後は博也です!トリはまかせたからよろしく!

卒業生リレー⑥ 原田拓実

 

こんにちは。卒業生ブログリレー6人目は僕です。わかるよね?ぼく!ぼく!笑

先日の追いコンでは集まってくださった見城先生、OB.OGの方々、あとステキな会を設けてくれた後輩たちありがとうございました!!とても楽しかった!いつまでもこの飲み会が続けばいいのにと思いました笑

追いコンでは8人もいるのに長々と話したらなんて思ったから簡潔にしてしまったけど、今思い返すと楽しかったこと嬉しかったことなんてとりとめもなくてただただ長くなっちゃいそうだなーなんて…

1番伝えたいことは一番最初に書く!…6年間一緒に青春を歩んだ同級生!本当にありがとう。部活のことを思い返すと楽しい思い出ばっかりなのは君たちのおかげな部分が多いと思う!本当に同級生に恵まれた。初心者な僕にアドバイスをくれたり時にはいい刺激になってくれたり、そして何より僕に僕以上に期待してくれたり…みんなのおかげで最後はまぁ取り柄のあるプレイヤーくらいにはなれたかなぁなんて思うよ!

先輩方、すばらしい空気とラグビー部をありがとうございます!楽しくラグビーに集中できたのは先輩方がしっかりと言葉で、背中で伝えてくれたおかげだと思っています。
後輩たちもありがとう!強くなった原動力はキミたちだよ!僕らがいる間はメダルに届かなかったけどのびのびと思いっきりやって楽しんで勝ってきてくれ!!練習も飲み会も先輩方の遺してくれた財産です。僕たちは至らない点が多かったけど大きくして下に伝えて欲しいなと思います。

最後にFWのみんな!楽しい試合をさせてくれてありがとう!!!僕の中のベストマッチは実は今年の東医体の1回戦の順天戦なんだ。あんなFW頼りのヒリヒリする試合はなかなかないかと思う。楽しかったー!!後輩のみんなには試合で使えるコツを掴んで福島医大をFWが特に強いとかめんどくさいってチームにして欲しい!笑…あ、これはBKの方々には内緒で。。

まとまらなくなっちゃいましたが、言いたいことはこんないい人たちに囲まれて、6年間楽しく過ごさせてくれてラグビー最高!ラグビー部ありがとう!ってことです!!あとFW最高…

さて、長々ダラダラ書いてしまいましたが残り2人がきちっと締めてくれるはず。次はどっちかな…お楽しみに!!笑

卒業生リレー⑤ 永橋尭之

こんばんは。卒業生リレー5人目の永橋尭之です。

先日の追いコンでは見城先生、OBOG の皆様と大変多くの方々にお集まり頂き、非常に思い出深いものとなりました。本当にありがとうございました。

この6年間を振り返りますと、最初は純粋に体をぶつけるスポーツがしたいと入部した部活でしたが、兼部を許してくれた先輩後輩となんでも話せる同級生のお陰で最後まで続けることができました。ノックオンとペナルティは山のようにしました。おそらく歴代最高レベルです。不名誉な積み重ねでしたが、5、6年目でその不恰好な山の上にほんの少しだけ、快心のタックルやトライを飾ることができたように思います。FWには途中参加でしたが、泥臭くチームを支えるアツい男たちとプレーできたのは最高でした。これからも体を張って声を出し続け、チームを引っ張っていってください。

追いコンで少し話したのですが、プレーヤーならば苦しい時間帯に立ち上がってプレーする理由を、マネージャーならば日々の雑務をこなす理由を、自分以外の誰か、自分が今いるチームに見出したとき、きっと今よりもいいプレーが、いい仕事ができるのではないかと思います。4年、ないし6年は思った以上に短いですが、全力で挑めばきっと手に入れられるものも多いと思います。

読み返すと恥ずかしくなりそうなのでもう投稿ボタン押しちゃいます。誤字脱字等お許しください。

それでは。卒業生リレーも残り3人。次は誰なのか。果たして4月中にゴールするのか。乞うご期待。

ありがとうございました!

卒業生リレー④ 眞壁俊太

こんばんは。

卒業生リレー4人目の眞壁です。

本当は次は博也さんのはずだったのですが、何してるか知りませんがとても忙しいらしく、飛ばして自分が書くことになりました。

追いコンでも話したことと、話せなかったことをこの場で書きたいと思います。

高校3年間含め9年間続けたラグビーもとうとう終わってしまいました。大学では、最初は全く入部する気がなかったのに分からないものです。バドミントン、躰道と悩み、散々迷った結果最終的にはラグビー部に入ることを決めました。今思えば、自分の選択は正しかったと心から思います。

自分が大学でラグビーをやるつもりがなかった一番大きな理由は、高校でのラグビーが本当に楽しく、やりきったと思っていて、高校の楽しさを大学で上回ることはできないだろうと思っていたからです。でもそれは良い意味で裏切られました。飲み会では厳しくも、いつでも楽しく明るいラグビー部の雰囲気を作ってくれた先輩方や、生意気だけどおもしろい後輩たちにも恵まれ、6年間楽しくラグビーをすることができました。

それと、経験者としてラグビー部に入部してから、初心者の宗平、原田、Pの成長に焦りを感じることもあり、自分はこれ以上良いプレーができないかもしれないと消極的な考えを持つこともありました。でも、同級生や先輩、後輩の頑張りに触発されて、高校時代には出来なかったプレーができるようにもなりました。本当にラグビーを続けてきて良かったです。

最後に、部としても徐々に成績を残せるようになりましたが、心残りは東医体でのメダル獲得ができなかったことです。
その悔しさを晴らすのは後輩たちに託したいと思います。

6年間本当に楽しかったです!
ありがとうございました!

次は誰になるか未定です。お楽しみに!

 

卒業生リレー② 石川雅文

こんばんは。卒業生の更新2人目の石川です。

先日の追いコンは日曜日の開催にもかかわらず見城先生、OB,OGの皆様本当にありがとうございました。また、次の日の朝の五時ころまで付き合ってくれた後輩のみんなも本当にありがとう。とても楽しかったです。

一年生を簡単に振り返りますと、高校のラグビーの後輩の池添が一緒に入学ということは風のうわさで耳に入っていて、なんだか気まずいような心強いような気持ちで入学し、ラグビー部に入部するのは僕ら二人位だろうなぁなんて思っていたらマネージャー含めて10人(しかも経験者5人)の高校の時には考えられない位の人数でした。そして部活の雰囲気はラグビーをしている時は勝利のために全員が体を張れる、飲み会の時は二日酔いになるまでお酒が飲める、最高の部活でした。

ここから毎年、医学部6年生や看護4年生が抜けて新しく1年生が入学していくわけですが、この雰囲気はしっかりと受け継がれていると思います。

また僕が3年の時には弟が入学し、しかもラグビー部に入部するという衝撃(僕的には)があり、みんなからいじられつつも兄弟でラグビーをするという貴重な(?)体験もしました。

学年が上がるにつれて、大会での目標は大きくなっていき(東医体1勝→メダルなど)自分たちも成長の手ごたえを感じることのできた6年間だったと思います。ですが、やはり最後の最後で一歩およばない結果になること多く、後輩たちには最後のひと踏ん張りを頑張れるチームになってほしいです。

後輩のみんなは、6年生が8人も居たせいで、なかなか試合に出られない期間が長かったとは思いますが、来年からはガンガン試合に出れると思うので次回OB戦のころには凄くうまくなっているだろうと期待してます。また、今年入学し、ラグビー部に入ってくれる新一年生も一年目からチャンスがあるのでもしこれを覗いてくれている新入生がいてくれたらぜひ、周りの友達を誘ってラグビー部に来てみてください。

どんどん話がまとまらなくなるので、そろそろ終わりたいと思います、結局何が言いたかったかというと、「ラグビー部に入ってよかった、6年間本当にお世話になりました」てことです。

では、またOB戦でお会いしましょう。

次はゆうたろう君です。お願いします。

 

 

 

 

卒業生リレー① 池添祐貴

合格発表、卒業式、追いコン…と目まぐるしい毎日を過ごしていたら、社会人として働き始める日が間近になってしまいました。

というわけで、遅くなってしまいましたが卒業生のリレー形式での更新を始めます!

トップバッターは池添が担当します。よろしくお願いします。

 

高校からラグビーを始め、気がつくと9年目になっていました。高校の時とは一転、大学では監督もコーチもいないチームでしたが、自分たちで試行錯誤をしながら練習・試合をし、チームを作り上げていく日々はとても充実していました。ただ与えられた事をこなすのではなく、考えながらラグビーをすることで自分自身に成長をもたらすことができました。

学年の差を感じさせないくらい親しく接してくださる先輩方、個性派揃いだけども仲良しの同期8人、共に闘ってくれた可愛い後輩達。6年間のラグビーがこれほどまでに楽しめたのは、メンバーに恵まれていたと強く感じています。

6年生の四定戦、東医体、東北リーグ、いずれもあと一歩のところで及ばない結果とはなってしまいましたが、そこに挑戦できる機会を得ることのできた環境に感謝しています。これも、ラグビー部の歴史を作り上げてきたOB・OGをはじめとした、医大ラグビー部の関係者の皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。

追いコンでも話をしましたが、いざ引退する時になると、何かしら後悔の念に駆られることと思います。後輩の皆さんはまだまだ十分な時間があります。それを有意義なものにするのも無駄にするのも自分自身にかかっています。どうか目の前のことに全力を注ぎ、「6年間、ラグビーをやり切れた」と思えるように頑張ってください。

OB戦で成長した皆さんと闘えることを楽しみにしています。

…体力落ちないように自分も頑張ります笑

 

次の更新はマサ!まだまだ続きます!お楽しみに!

卒業生日記⑤

こんにちは。医学部6年の上野 航です。
僭越ながら、卒業生日記のトリを務めさせていただきます。
昨日で転居先への引っ越しを済ませ、達成感と同時に、お世話になった福島を離れた寂しさを感じています。

さて、ラグビー部での6年間について書いてみたいと思います。
僕の出身高校では授業でラグビーをやっていたこともあり、ラグビーを大学でやることは自然な選択でした。
これまでの経験を活かせればいいな、という位に考えていましたが、実際には教わることが多く、
組織について考えることも初めての経験で、悩んだことも多かったです。
しかし、ラグビー部での6年間は、本当に楽しかったです。
みんなで意見を出し合い、ケガをしてもしっかり参加できる。目標を持って頑張れたことはとても大切な時間でした。
ラグビーはもちろんのこと、みんなで出かけたり飲んだり、という時間も楽しかったです。
充実した時間を過ごせたからこそ、これからも多くの人に大学生活を通してラグビー部に関わっていって欲しいと思います。

最後に、お世話になった先輩方、同級生、後輩たちに感謝を述べたいと思います。
ありがとうございました。
私は少し離れた所で研修を始めることとなりますが、引き続き「福島医大ラグビー部」を応援させていただきます。
今後とも宜しくお願い致します。

卒業生日記④

こんにちは。看護学部を卒業しました篠原遥香です。
卒業生日記の4人目を担当させていただきます。
入学当時はまさかラグビー部に入部するとは思ってもいませんでしたが、今となってはラグビー部で良かったなと思っています。マネージャーとして携わる中で大変なことや辛いこともたくさんありましたが、それでも辞めずに最後まで続けることができたのは、文句を言いながらもなんやかんやラグビー部が好きだからでした。先輩後輩みんな仲が良く、部内の雰囲気の良さは自慢できる程でした。これからもその雰囲気に惹かれる後輩が入部してくれることを願います。
最後になりましたが、私はこの部活に入部して本当に楽しい4年間を過ごさせて頂きました。また、卒業前に四定や東医体で最高の勝利を挙げてくださったことを嬉しく思います。今後一層のご活躍をお祈り申し上げます。
4年間本当にお世話になりました。

卒業式日記③

こんにちは。看護学部を卒業しました佐藤優美です。卒業生日記も3人目、折り返しです。
卒業式を終え、やっと卒業を実感しているところです。もう大学に通うことはないのかと思うと寂しく感じます。
4年前入学したときはラグビー部に入るとは思っていなかった私ですが、偶然に偶然が重なってラグビー部に入部し、4年続けて卒業できることを嬉しく思います。初めての運動部、マネージャーということで、なかなか分からないことも多くて頼りない私でしたが、優しい皆さんに支えられながら4年間続けることができました。ありがとうございました。また、遠征時の車中の会話や観光など楽しい思い出もたくさんできました。私はラグビー部に入って本当に良かったです。
引退したときはやりきった!と思ったし、達成感に満ち溢れていましたが(笑)なんだかんだ寂しいもので……また機会があれば遊びに行こうと思います。そのときは可愛い後輩がたくさん増えていることを願って……!
4年間本当にお世話になりました。