カテゴリー : 卒業生リレー

卒業生リレー⑥ 石川如文

こんにちは。
りほちゃんからバトンを受けて卒業生リレーのラストを飾らせていただきます。
卒業生の石川如文です。

ラグビーの素晴らしさなど、他の卒業生が十分話してくれたと思いますので、僕は直近で1番の思い出を通して、後輩の皆に何か伝えられればと思います。

 

令和2年1月15日、偏差値 32.1

 

国試まで1ヶ月を切り、最後の模試で上の数字を見たときは戦慄が走りました。冗談ではなく後輩みんなの顔が浮かび、居たたまれない雰囲気の追いコンを想像し…眠れない夜もありました。お恥ずかしい限りです笑。
それでもそれからは、ラグビー部OBの沼田さんの「限界って意外と限界じゃないんだよね」というお言葉、東さんの「国試前日にtecomのテキスト5周やったら受かったわ」というお言葉を思い出して、一心不乱に机に向かいました。

途中、なつやさんからご飯に誘っていただいた時に「いやー、ゆきふみ。落ちねぇかなぁー。」という激励の言葉を、国試の1週間前に差し入れを届けてくれたかすみんから、「マイナーまだ一問も解いてないんだけど…」と声をかけた時になぜか怯えた表情を、それぞれいただきました。
我ながら素敵な先輩、後輩に恵まれたと思います笑。

何だか話の終着点が見えなくなってしまいましたが、そんなこんなで国試には無事受かりました。
大切なことは、それが試験であってもラグビーであっても、やるときは必ずやる。締めるところは必ず締める。ということだと思います。

6年間のラグビー生活では、自分では一生懸命練習しているつもりなのに試合に出られない時や、逆に準備が不十分なのに試合に出なければいけない時など、沢山の事がありました。それでもその時々で自分なりにやってきた結果、ラグビー部として胸を張って卒業出来たのだと思います。
皆も、きついけど楽しいラグビーを、うるさいけど楽しい仲間とやりきってほしいと思います。

最後に、6年間を過ごした同級生の4人、一緒にラグビーをしてくれた後輩の皆や先輩方、ありがとうございました。

また、一番最初にラグビー部に勧誘してくれた兄には大変お世話になりました。

 

またいつかOB戦や飲み会でお会いしましょう。それでは。

卒業生リレー⑤ 佐川莉步

 

こんにちは。看護学部を卒業しましたマネージャーの佐川莉歩です。

入学当初は、ラグビーは何となく怖いスポーツだという先入観があり、入部するなんて思ってもいませんでした。ですが今では、あの時ラグビー部を選んで本当に良かったと思っています。

ラグビーは初めて携わるスポーツであり、また、マネージャーという役割も初めてだったので、分からないこともたくさんありましたが、多くの人に支えられて続けることができました。

頼れる先輩方、素敵な同期、かわいい後輩にも恵まれ、その中で過ごせたことはとてもいい思い出です。大変なことや辞めたいと思ったこともありましたが、多くの経験をするなかで、成長できたと思っています。

色々あった四年間でしたが、辞めずに続けられたのは、部活の皆さんのおかげであり、ラグビー部が大好きだったからです。至らない点も多かったと思いますが、今までラグビー部の一員として活動することができて、とても楽しかったです。また機会があれば遊びに行きたいなと思っています。四年間、本当にありがとうございました。

 

卒業生リレーのラストはゆきふみさんです。

それでは。

卒業生リレー④ 佐藤正樹

みなさんこんにちわ!

まずは、6年間本当にお世話になりました。OBの先生方、当時の先輩の方々、後輩のみなさんには感謝しています。
ありがとうございました!

 

さて、何書けば良いかよく分からないのですが、今年はコロナウイルスの影響もあって、OB戦、追いコンが自粛となってしまったので、追いコンで言おうと思ってたことを書きたいと思います。(短く簡潔に)

 

言いたいことは1つだけです!

 

「後輩を大切にして下さい」

 

もちろん先輩のことを敬うことも大事だと思いますし、僕も先輩方には感謝も尊敬の気持ちも持っています。ただそれ以上に後輩を大切にして下さい。
部活の時言う事聞いてやってくれるのも、
飲み会の送り迎えを何も言わずにしてくれるのも、
後輩の家で暴れて散々散らかしても文句1つ言わずに片付けてくれるのも、
自分の追いコンを準備してくれるのも、
引退してから部活で結果を出してくれるのも後輩です。←これ大事

 

だから後輩を大切にしてあげて下さい。

(今の部活の雰囲気ならこのままで大丈夫だと思いますが!)

大切にする≠気を使う
ですのでそこは注意してもらいたいです。

 

以上です!
こらからの皆さんの活躍を祈っています。
ではまた!

 

次の投稿はりほちゃんです!

それでは〜

卒業生リレー③ 袰主正太郎

 

ホロヌシです。
まず初めに、今年は憎きコロナウイルスの影響で追いコンが開催されなかったので、この場を借りてお世話になった方々へ感謝の気持ちを述べたいと思います。

顧問の見城先生をはじめ、支援をしてくださったOBの先生方、楽しい雰囲気でこんな素敵なラグビー部に僕を引き込んでくれた先輩方、個性的で世界一(!?)キャラの濃い同期たち、そしてコロナウイルスよりクレイジーな後輩のみんな(!?)、今までありがとうございました!

さて、早速卒業リレーはじめていきたいと思います!
センター国語全国平均を割った伝説があるので、文章書くの大の苦手です。お許しを…。

何を書こうか悩んだ末、先輩達が残した卒業リレーを読み直しました。いろんなことが書いてありました。こんなことあったなぁ…先輩達やっぱおもしろいなぁ…オレここに書いてあること全然できてないなぁ…立場が人を成長させる!そして、ブランド力……!!!

毎年読んではいたのですが、卒業生になった今見返してみると、改めて感じるものがありますね。
そこで今回は、
“卒業生になった今だから感じた2つのこと”
というテーマで書いていこうと思います。

今だから感じたこと、1つ目は、こんな楽しい雰囲気の部活他にはないってことです。
1年生の時は正直、大学で部活に入る気がなく、ただ予定を入れられるがままに新歓に行ってました。でもラグビー部の新歓に行った日、自分の気持ちがガラッと変わったのを今でも覚えています。上手く言えないけど、ただただ居心地が良かったのです。その居心地の良さは入部してから6年間ずっと変わりませんでした。初心者の僕が困っているときに優しく教えてくれる。試合では体を張り合って、勝っても負けても涙を流せる。ラグビー以外でも、いろんなとこ遊び行ったり、ヤサイマシしたり、朝まで飲んだり、楽しめる。数えきれないくらいの思い出ができたのもこのラグビー部に入ったからだと思っています。最高です。これからOB会に顔を出した時に、この雰囲気があったらいいなぁと思います。

2つ目は自分だけが特別感じたことなのかもしれないけど、自分の成長よりも後輩の成長の方が深く印象に残るということです。

中学高校とずっと上の先輩についていくタイプだった自分は、最初は正直後輩ができるのが嫌でした。(今はもちろんそんなことないよ!笑) 確か1年生の冬に新歓の話になったとき、いろんな先輩にイヤイヤ言ってた覚えがあります…笑

自分が6年間でいちばん印象に残っていること。それは僕が3年生のときの新歓や幹部決めの時のことです。あの時期は1つ下の後輩が新歓をスムーズにまわせなかったことに対して苛立ち、部室に呼び出したり、車で連れ去って説教みたいなことしたりしました。幹部決めのときもプレーヤーの中に誰もふさわしいやつがいないとか文句つけて、史上初(おそらく?)のマネージャー幹部を任命したりしました。今考えると初めての仕事だからできなくて当たり前だと思うのですが…。当時は自分が余裕がなかったせいで怒ることしかできなかったんだと思います…。6年間で唯一部活辞めてやろうかなって思った時期でした。

でも4年生で僕がキャプテンをやり始めた頃に、彼らの存在の大きさに気がついたのです。練習では首を傾げてる新入生に1番に駆けつけて相談に乗っていたり、試合では率先して声を出していたり、僕が全然気がついていなかったことを指摘してくれたり。四定戦で6年生不在の日に勝てたのも1個下の存在が大きかったと思います。今ではみんな戦力的にも雰囲気的にもチームの中心になっていて、なんだか僕なんかよりも圧倒的に成長してるなぁって思います(笑)。逆に僕が6年間なにしてたんだろうって…。

よくラグビー部の飲み会で、〇〇が選ぶMVPというコーナーがあります。今僕が6年間通して選ぶMVPは1個下の後輩達です。本当は今年の追いコンでこれ言って10杯ずつくらい飲ませてやりたかったのですが、、(来年の追いコンに持ち越しておきますね!!!)

以上!僕が最後に言っておきたかったことです。個人的には怪我もしちゃったし、5年6年と東医体で結果を残すことができなかったので悔いは残っていますが、この福島医大ラグビー部に入れて本当に良かった!楽しかった!最高でした!

後輩のみんなはこれからのラグビー部を任せたぞ!
また遊びにきます!さようなら〜

 

次の卒業生リレーの投稿はマサキ兄さんです!

次の更新を楽しみにお待ち下さい!

卒業生リレー② 石橋磨侑

 

こんにちは!

看護学部を卒業した石橋磨侑です。

 

4年前の新歓で、ラグビーの練習も見ずにいちご狩りの新歓で入部を決めた私ですが、もう卒業生リレーを書く時期になってしまいました。いざ学生生活が終わってしまうと、何だか寂しいですね。

 

さて、ラグビー部での4年間を軽く振り返ってみたいと思います。
入部を決めた理由は、単にいちごが好きだっただけではなくて、マネージャーさんをはじめ、プレーヤーさんの人柄が好きになったからだと思います。

入部後、はじめてラグビーの練習を見た際は、いつも優しそうにのほほ~んとしているプレーヤーさんのギャップに、とても男らしさを感じたのを覚えています。

マネージャーさんは、いつも隣で優しくプレーを教えてくださいましたし、部活以外の話で盛り上がったりと、楽しい思い出がいっぱいです!

3年時は、まるで、林家パー子かのようなピンクの洋服を着て学外で活動していました(笑)久しぶりに部活に行った時でも温かく迎えてくださったのが嬉しかったです。

4年間部活を続けてこれたのは、ラグビー部の皆さんのお陰だと思います。ありがとうございました。

 

最後になりましたが、プレーヤーの皆さん!練習や試合は体に負担がかかり大変かと思いますが、怪我をせずに、チームの目標に向かって頑張ってくださいね。応援しています。

マネージャーの皆さん!夏の暑い時、冬の寒い時、プレーヤーを支える仕事は大変かと思いますが、健康に注意して頑張ってくださいね。私は福島市にいるので、また機会があれば遊びにいきますね。

大変お世話になりました。皆様ごきげんよう~

 

次の卒業生リレーは袰主さんです!

お楽しみに!

卒業生リレー① 上村周平

卒業生の上村周平です。

ラグビー部の顧問の見城先生はじめOB、OG、先輩、後輩の皆さんには大変お世話になりました。おかげさまでこうして卒業まで部活動を続けることができました。

僕は生来だいぶ尖った性格であることを多少は自覚しており、扱い難かったことと思います。先輩、同期、後輩の皆さんには大変ご迷惑をおかけいたしました。

 

6年間を振り返ってみると思い出されるのは、ほぼラグビー部での日常で、辛かったこと、楽しかったことがたくさんありました。

夏の燃えるような暑さの中、冬の雪積もる中や、眠い眼をこすりながら体を無理やり起こして行った朝練、心臓が破れそうになるくらいまで走ったり、砕けそうになるくらい激しく体をぶつけあった日々。

試合中に身体中が痛くても、両脚をつっても、何度でも立ち上がって走り続けられたのは、このような辛い練習の日々を一緒に乗り越えてきた先輩、同期、後輩、支えてくれるマネージャーの皆さんがいたからです。一緒のチームでプレーできて幸せでした。

ひたむきに勝利目指して頑張った分、試合前はすごく緊張しましたし、勝っても負けても本気で泣けました。元々すごく泣き虫なので、余計に泣きました。試合に勝った日の夜の祝勝会でのビールの味はたとえ認知症になっても忘れることはないでしょう。

 

6年間やりきりました。
練習や試合中熱くなりすぎた時もありましたが、本当に熱いスポーツでした。
唯一の心残りは痩せてプロップからバックスに転向できなかったことです。

6年間周囲の人々に恵まれてとても幸せ者でした。

 

最後に僕の好きな言葉を後輩の皆さんに送りたいと思います。某花園常連校の監督の試合前の円陣でのお言葉です。

「物事に絶対は無いし、もちろんラグビーにも絶対は無い。しかし敢えてこの言葉を使う。自分と仲間を信じて『絶対』勝とうやないか!」

 

この文章を読んでくれているかもしれない、ラグビー部以外でお世話になった方々にもこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

期待と不安でいっぱいですが、次のステージでも自分を信じて頑張ります!

 

 

次の卒業生リレーの投稿は石橋まゆちゃんです。

お楽しみに!

卒業式、中止

お疲れ様です。ついに医学部新6年生になります、藤田英憲です。

OBの先生方からは「えっと…今何年生だっけ?(真剣)」と何回聞かれたことか…

やっとここまでたどり着きました。2020年度もよろしくお願い致します。

 

いや僕の報告はいいんです。

タイトルの通り、コロナウイルス感染拡大防止のため、

追いコンに引き続き卒業式が中止になってしまいました。。。

 

毎年在校生が卒業生と大量の写真を撮り、LINEのアルバムが溢れ、

その中から珠玉の写真を厳選し、卒業生に卒業生リレーの提出を煽りつつ

ブログ更新するの、結構楽しみにしてたんですが。。。

 

まぁ中止になってしまったものは仕方なし!

今年も元気に卒業生リレーを掲載していきたいと思います。

それでは、始まり始まり〜

卒業生リレー ② 夏谷広樹

卒業生の夏谷広樹です。
福島県立医科大学ラグビーには大変お世話になりました。 これからはOBとして現役部員を支えていければと思っています。

卒業生リレー自体は自分が主務の代に卒業生にお願いして書いてもらい始めました。いざ自分が書く番になると、感慨深いです。 何を書こうかと思いましたが、ただ自分の感想を書くことにします。

自分は高校3年間もラグビー部でした。一浪して福島医大に入学して、あまり悩むことなくラグビー部に入りました。
2年生が終わるくらいまではものすごい尖りキャラで、、、恥ずかしい事ですがラグビーが上手=偉いと思っていたので、尊大な態度だったと思います。先輩方、同期には申し訳なかったです。(そもそもじぶんがうまいとおごっていました、、、)

3年時から主務、4年時に主将を務めて、自分の考えは間違っていたなと反省しました。追いコン(インフルばらまいてすみませんでした!)でも話させてもらいましたが、物事の上手下手と人間の偉さは関係ないと思ったのが3、4年時でした。試合で活躍することよりも、時間を守るだとか、チームの辛い時に声を出せるだとか、当たり前のことや他の人のために頑張ることの方が人間として偉いと感じるようになりました。

最後になりますが福島県立医科大学ラグビー部でいろいろなことを学ばさせて頂きました。楽しいことばかりではなかったですが、今振り返ってみて、6年間続けてよかったと思えています。
(人多いとこ苦手なんで、飲み会とかも行かないし、喋らんなこいつ、喋ってもしょーもないことしか言わんな、とか思われてたかもしれませんが、自分なりに楽しんでましたよ! )

まとまりのない文章ですみません!

ラグビーを楽しんでください!
以上!

 

ーーーーーーー———————————

追記)夏谷さんは謎に短い版も投稿して下さったので、そちらも載せておきます。

やっほーおれなつや。
ラグビーが大好きで9年間続けてたぞ。体をぶつける痛みが生きてるって証だったなぁ。

筋トレしてプロテイン飲んでダッシュしてれば強くなれる気がするぞ。

後輩のみんなも頑張ってくれぃ!

卒業生リレー ① 大平怜

こんにちは。前年度ラグビー部を引退しました、卒業生の大平怜です。

ラグビー部のホームページに書くことをすっかり忘れていて、こんな遅い時期に書くことになってしまいました。ごめんなさい。

先月の追い出しコンパでは、顧問の見城先生をはじめたくさんのOB、OGの方々、ラグビー部の後輩に来ていただき、本当にありがとうございました。最後のカラオケでしっかりと追い出されることができました(笑)。

自分の不注意で追いコンから約1か月も経ってしまい、何を書こうかと考えていましたが、ラグビー部で過ごして感じたことと、今思っていることを書こうかなと思います。

僕はラグビーを高校から始め、大学も合わせて9年間ラグビーというスポーツに打ち込むことができました。一度休部する時期もありましたが、引退するまでやりきることができました。ラグビー部の、先輩・後輩の垣根を越えてプレーについて言い合えることや、飲み会で学年問わずに楽しめるところはどの部活にも負けない素晴らしい雰囲気だと思います。後輩のみんなにはぜひこれからも引き継いでほしいです。ラグビー部で6年間過ごして、かけがえのない仲間、思い出がたくさんできました。

そして今、新社会人として働き始め、充実した毎日を送っています。でもそれはラグビー部で身に付けた忍耐力や協調性など、さらにはラグビー部で知り合うことができたOB、OGの方々、その他たくさんの方々のおかげだと思っています。気づけば自分の身の回りにはたくさんのラグビー部を通じて得ることができたものがあって、それが自分自身の毎日を支えてくれていると感じています。

最後になりますが、ラグビー部に入部して本当に良かったです。6年間ありがとうございました。後輩のみんなも、これから入部してくれる新入生のみんなも、積極的に部活に行って悔いのない大学生活を過ごしてください。

卒業生リレー⑧ 鈴木博也

こんにちは
ラストの8番目は鈴木博也です。

本当は4番目に更新する予定だったのですが、学生時代と同様に時間を守れず最後になってしまいました。
えーけんには特に迷惑かけちゃってごめんねorz

先日の追いコンでは見城先生をはじめ多くのOB、OGの方にお越しいただきありがとうございました。
また企画してくれた後輩の皆さんもありがとうございました。

この文を書く前にみんなはどんな風に書いているのか気になって読んでみたら涙が出てきました。(特に原田のは感動しました(TT))
本当にいい同期に恵まれました。
8人もいれば特に仲のいいやつもいるし、よく遊びに行くやつもいます。
だけど6年間、苦楽を共にして頑張って来れたのはみんながそろっていたからだなと今更ながら思います。

僕らは8人もいたため良くも悪くも多くの影響を部活に与えてきたと思います。先輩方が作ってきた福島県立医大ラグビー部という伝統を受け継いで完璧な状態で下の世代に受け継ぐことができたとは思ってはいませんが、四定優勝、東医体ベスト4、メディカルセブンズベスト4というのはまあまあだったのではないかと思います。
しかし5、6年生の時の東医体ではどちらも3位決定戦で東北大学さんに敗れてしまい、メダルを福島に持ち帰ることが出来ずとても悔しい思いをしました。(みんなでめちゃくちゃ泣きました。)
8人も抜けるとまずチーム作りを1から始めなくてはいけないので大変だとは思いますが、あの悔しさを晴らすためにもまずは新歓で多くの新入生を入れて強いチームを作り是非メダルを取り僕に見せて下さい。
会津で待ってます。(夏休みが取れたら試合も見に行きます!)