カテゴリー : 試合情報

帰福

主務の夏谷です。

本日の昼頃、無事に全員で福島に帰還いたしました。

8月6日に行われた信州大学医学部戦は0-58と大敗を喫しました。信州さんは個人、組織力ともにレベルが高く、また雰囲気がとてもよい、お手本にしたいチームでした。

ただ、主将佐藤の下、悲願の東医体一勝を成し遂げられたことは、福島医大ラグビー部にとって大きな一歩となったのではないでしょうか。後輩たちには今回の勝利を糧に、来年再来年と更なる高みを目指して欲しいです。

また東医体に参加するにあたり、後藤教授をはじめ多くの先生方からご支援を頂きました。さらに遠藤翔太先生はわざわざ北海道まで応援に駆け付けてくださいました。

今回の一勝は部員の努力のみならず、多くのOB、OGの方々、保護者の皆様に支えられての結果であります。部員を代表し、この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

今後は夏休みのオフ期間を挟み、秋リーグが始まります。昨年は2部3位でした。今年度は2部優勝を目標に戦います。

今後も変わらぬご支援ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

IMG_0700

 

やったー!

主務の夏谷です。

東医体、初勝利です^o^!!

福島医大4-3新潟医  でした。

六年生が大活躍する良い試合でした (*^◯^*)

詳しくは後ほど書きます。

次戦は8月6日0:30より信州大医学部さんと野幌で試合です。去年の優勝チームですが、臆することなく戦ってきます(^ω^)

東医体 試合会場の変更

夏谷です。

芝の養生の関係で、8月3日(月)に行われる新潟大学医学部戦の試合会場が、

定山渓グラウンドから野幌総合運動公園へと変更になりました。

キックオフは変わらず10:30となっております。

東医体

主務の夏谷です。

試験がおわり、今日から夏休みです。(薬理だめだったぁぁぁ(◉◞౪◟◉`))

東医体まであと10日間となりました。もう10日しかないのか、まだ10日ある、と捉えるのか。10日間で何ができるのか。急に足が速くなるのか?体重が増えるのか? そのようなことは絶対にないでしょう、、、

では何ができるのか、と考えたとき、自分はチームの共通意識を確認することとピーキングを行うべきだと考えます。 もしペナルティが起こったらどう動くのか?どの場面で人数をかけるのか?など15人全員が同じ理解をしていればスムーズな連携が可能になるでしょう。

またピーキングというのは大切な試合にコンディショニングを頂点に持っていくことをいいます。日常の食事、睡眠はもちろん、暑さ対策はできているか、船の移動の時間に何をするか、試合前には何を食べるかなども逆算して準備しておくことが大切ですね。

 

東医体の初戦は

対 新潟大学医学部  8月3日(月) 10:30KO @定山渓グラウンド

となっています。 良い結果報告ができるよう、精一杯頑張ります!

長ったらしく偉そうに書きましたが、最近捻挫しました。今年度も出場できずカメラマンになるのかなぁ、、、( ゚ェ゚)

四大定期 2日目

東北大学医学部戦ですが、4-7で敗れました。

応援ありがとうございました。

四大定期戦 初日

主務の夏谷です。

初日の秋田大学医学部戦ですが5-0で勝利することができました!

激しいノックオンの嵐で、自分の首を自分で絞める展開でしたが(−_−;)

明日は修正して東北大学医学部戦に臨みたいと思います!応援よろしくお願いします(。-_-。)

四大定期

夏谷です。更新するの忘れていました!

今日から秋田で四大定期戦です。今前沢のサービスエリアにいます。

初戦は秋田です。4:00からです。場所は秋田新屋運動広場というところです。(今更遅いですが)

優勝目指してがんばってきます。

東北大医学部戦

6月7日(日)  晴天  芝G   @蔵王くるみクラブ 35分ハーフ

2:30キックオフ

前半マイボールキックオフで試合開始。相手FWの縦への圧力と、絶妙な位置へのハイパント処理に苦しむ展開。数少ないキックカウンターからFB夏谷WTB池添を中心に攻めるも、流れてしまいタッチに出され、前半の数少ないATのチャンスを潰す。 再三にわたるハイパン処理のミスによりジリジリと自陣に追い込まれる。

前半残り0分は完全に東北大のペースに。ラインアウトからのドライビングモール、東北FWのピックゴーの連続攻撃でトライライン手前まで何度も持ち込まれる。福島FWも体を張り耐える。なんとかターンオーバーをし、キックによる自陣脱出を狙うも、激しいチャージにより再度苦しい展開に。自陣5mスクラム。SH鈴木から直接FB夏谷が縦をつき自陣を回復することで、タッチキック成功。前半を0-0で終える。

ハーフタイム。ハイパン処理、ATが流れ気味の点を話し合い修正を狙う。

後半開始。修正点をなおすため、FB夏谷CTB林下、袰主を中心に縦に勝負に行く。ビックゲインとはならずも、徐々に前進していく。後半0分、SH鈴木が中盤ポイントから抜け出し敵陣5mまでビックゲインに成功するも、オーバーが間に合わずボールを奪われる悔しい展開。

後半2分、自陣左22mでラインアウトからモールを組まれ5mまで持ち込まれる。その後FWの連続ピックを受けトライを許す。キック失敗により0-5。ここからしばらく福島の攻撃が続くも、左右に振りすぎATの枚数が足りなくなり苦しくなる。しかし、後半22分、敵陣22mからのハイパントをFB夏谷がキャッチ。タックルを受けながらもHO石川(兄)につなぎ、CTB林下→WTB遠藤→WTB池添と展開し、スピードを生かしそのままトライ。No.8佐藤のキックも成功し7-5。後にこのキックが勝敗を分ける。

後半3分。敵陣左ラインアウトから、SO深井が縦に、順目でCTB林下も縦へ。相手DFが順目に移動したところで、SO深井がムーブを判断。ブラインドにいたHO石川(兄)に放りタッチライン際を勝負。捕まったところで内側のWTB遠藤に内返し。遠藤、捕まるも振りほどき前進し、フォローに走る深井に内返ししそのまま中央にトライ。佐藤のキックも成功し4-5。

後半34分、自陣右22mでラインアウトからモールを組まれトライラインに迫られ、そのままFWのピックでトライを許す。キック成功により4-2と逆転に迫られる。

後半ラストワンプレー。敵の執念を感じる連続攻撃に、徐々にゲインを許すも、足をつらせながらも懸命に耐える福島。最期は隙を逃さずWTB池添がノットリリースザボールに成功し試合終了。

早急の課題点は計8回のミスをしたハイパン処理と思われる。

今後の予定は6月20日に福島大学と山大医学部との三つ巴戦であるが、それまでに修正をしたい。

(文責:夏谷)

試合結果

夏谷です。

先日行われたメディカルセブンズの試合結果です。

予選リーグ VS横浜市立医科大学19-26 LOSE  VS東京医科大学19-21 LOSE

予選リーグ最下位のため、ボウルトーナメント(下位リーグ)へ

ボウルトーナメント VS聖マリアンナ医科大学26-12 WIN  VS東海大学医学部健康科学部38-0 WIN VS埼玉医科大学24-12 WIN 東京薬科大学40-7 WIN

よりボウルトーナメントにて優勝。

また、同大会に参加されたOBチームの先生方からカンパをいただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

今後の予定ですが、6月7日(日)VS東北大医学部 @蔵王くるみクラブ 2:00~キックオフ 6月13日(土) OB戦 @医大グラウンド 5:00~キックオフ 正式新歓 珍満賓館 9:00~

となっています。多くの先生方のご参加をお待ちしております。

メディカルセブンズのお知らせ

主務の夏谷です。脳解の試験を目前にして心が折れかけています (´^;ิ益;^ิ) が、来週のメディカルセブンズのお知らせです。

僕たちは5月30,31日に、埼玉県熊谷ラグビー場で行われる、メディカルセブンズ2015に参加します。これは関東圏を中心とした多くの医療系大学が参加する試合です。OBチーム(お医者さんちーむ)も出ます。 なんと今年は、福島県立医科大学ラグビー部OBチームも参加します!!

ちなみにセブンズというのは、本来15対15の試合を7対7で同じ広さのグラウンドで行うものです。試合時間は7分×2本ですが、これがめちゃくちゃ疲れるのです。体力、足の速さ、パス技術などが勝負の鍵となってきます。(僕はあまり好きではないです。ぶつかりに行くほうが好き( ≖ิ‿≖ิ ))   試合予定ですが

5月30日(土) 学生チーム 2:20-2:40 VS横浜市立大学医学部 @Bグラウンド 5:20-5:40 VS東京医科大学 @Dグラウンド

OBチーム 3:40-4:00 VS東京慈恵会医科大学OB @Bグラウンド 5:40-6:00 VS筑波大学医学部ラグビー部OB @Bグラウンド

となっています。31日は、30日の試合結果によって決まります。試合に関する速報はTwitterのほうでの更新になると思いますのでご容赦ください。

 

福島では最近30度を超える日もあります。向暑の折、くれぐれもご自愛ください。