卒業生日記⑤

こんにちは。医学部6年の上野 航です。
僭越ながら、卒業生日記のトリを務めさせていただきます。
昨日で転居先への引っ越しを済ませ、達成感と同時に、お世話になった福島を離れた寂しさを感じています。

さて、ラグビー部での6年間について書いてみたいと思います。
僕の出身高校では授業でラグビーをやっていたこともあり、ラグビーを大学でやることは自然な選択でした。
これまでの経験を活かせればいいな、という位に考えていましたが、実際には教わることが多く、
組織について考えることも初めての経験で、悩んだことも多かったです。
しかし、ラグビー部での6年間は、本当に楽しかったです。
みんなで意見を出し合い、ケガをしてもしっかり参加できる。目標を持って頑張れたことはとても大切な時間でした。
ラグビーはもちろんのこと、みんなで出かけたり飲んだり、という時間も楽しかったです。
充実した時間を過ごせたからこそ、これからも多くの人に大学生活を通してラグビー部に関わっていって欲しいと思います。

最後に、お世話になった先輩方、同級生、後輩たちに感謝を述べたいと思います。
ありがとうございました。
私は少し離れた所で研修を始めることとなりますが、引き続き「福島医大ラグビー部」を応援させていただきます。
今後とも宜しくお願い致します。