卒業生日記①

大河内です。

昨日、卒業式が行われてラグビー部として集まるのもとうとう最後になってしまいました。何かやり残したことを考えていたら、追いコンの時にえーけんくんに去年みたく卒業生で日記書いてくれと言われていたことを思い出しました。すっかり忘れていてごめんなさい。

6年間を振り返ってみます。
僕は高校生の頃は部活動に所属してなかったため、大学ではきちんと部活をやりたいとずっと思ってました。そうは言っても、いきなりラグビーとなると競技の敷居としては高かったのですが、当時のラグビー部に初心者も半分くらいいて丁寧に教えていただけそうな雰囲気が入部の後押しをしてくれました。自主練に付き合ってくれたり、心が折れないようにいつも食事に連れて行ってくれた先輩方には本当に感謝しています。後輩たちは体の大きいのや、上手なのが多く、一緒に練習しているだけで負けたくないという気持ちにさせてくれました。この部活で特に好きだったのは、オフの日に自主練や筋トレをやろうとすると、かなりの確率で部員の誰かに遭遇するというところです。常に向上心を持っている部活の雰囲気が6年間モチベーションを維持できた要因になっていましたし、誰かと一緒にトレーニングをすると刺激をもらえていいものですね。筋トレ続かない人にはおすすめです。やってみてください。
特に最後の年間はとても密度の濃い年でした。最後の東医体であんなに長く北海道で試合できたのは最高の思い出の一つです。今後はメダルを目指して良い成績を残せるように頑張ってください。応援しています。

そういえば、来年度以降は医大グラウンドでのOB戦も復活しそうですね!また、みなさんとラグビーできる日を楽しみにしています。

大河内