卒業生リレー ② 夏谷広樹

卒業生の夏谷広樹です。
福島県立医科大学ラグビーには大変お世話になりました。 これからはOBとして現役部員を支えていければと思っています。

卒業生リレー自体は自分が主務の代に卒業生にお願いして書いてもらい始めました。いざ自分が書く番になると、感慨深いです。 何を書こうかと思いましたが、ただ自分の感想を書くことにします。

自分は高校3年間もラグビー部でした。一浪して福島医大に入学して、あまり悩むことなくラグビー部に入りました。
2年生が終わるくらいまではものすごい尖りキャラで、、、恥ずかしい事ですがラグビーが上手=偉いと思っていたので、尊大な態度だったと思います。先輩方、同期には申し訳なかったです。(そもそもじぶんがうまいとおごっていました、、、)

3年時から主務、4年時に主将を務めて、自分の考えは間違っていたなと反省しました。追いコン(インフルばらまいてすみませんでした!)でも話させてもらいましたが、物事の上手下手と人間の偉さは関係ないと思ったのが3、4年時でした。試合で活躍することよりも、時間を守るだとか、チームの辛い時に声を出せるだとか、当たり前のことや他の人のために頑張ることの方が人間として偉いと感じるようになりました。

最後になりますが福島県立医科大学ラグビー部でいろいろなことを学ばさせて頂きました。楽しいことばかりではなかったですが、今振り返ってみて、6年間続けてよかったと思えています。
(人多いとこ苦手なんで、飲み会とかも行かないし、喋らんなこいつ、喋ってもしょーもないことしか言わんな、とか思われてたかもしれませんが、自分なりに楽しんでましたよ! )

まとまりのない文章ですみません!

ラグビーを楽しんでください!
以上!

 

ーーーーーーー———————————

追記)夏谷さんは謎に短い版も投稿して下さったので、そちらも載せておきます。

やっほーおれなつや。
ラグビーが大好きで9年間続けてたぞ。体をぶつける痛みが生きてるって証だったなぁ。

筋トレしてプロテイン飲んでダッシュしてれば強くなれる気がするぞ。

後輩のみんなも頑張ってくれぃ!