カテゴリー : 試合報告

練習試合9月20日、22日

東北リーグ第2戦を今週末に控えて、20日、22日と高校生との練習試合を行いました。

お忙しい中お越しいただきました、米地先生、安藤先生、

試合を組んでくださいました、安達高校の小野先生、学福・田中先生、聖光学院・佐藤先生には厚く御礼申し上げます。

20日

郡山北工業戦 0-0

聖光学院戦 7-0

22日

作新学院戦 10-5

結果はともかくとして二日間ともお忙しい中、米地先生、安藤先生が応援に来てくださり、いろいろなアドバイスを頂きました。

お忙しい中誠にありがとうございました。

特に20日の試合で明確に出た、綺麗なブレイクダウンでハーフに出しやすくダンぼすることが今日の試合では修正されていたと思います。今日の収穫は、攻撃の一つの柱が見えた気がしました。いつも特定のパターン(ゴール前のペナルティからFWのアタック)でしか得点できていませんでしたが、今日はバックスの展開からトライが生まれましたし、20日に出た、立ってつなぐ意識がとても強くなってきて、サポートがうまくいけていると思いました。攻撃はよかったのですが、安達とのADのときのDFはまだまだFWの前へ行くプレッシャーがなく、BKもタックルでゲインさせないことができていなかったので、今週末までにこの部分を修正できればと思います。今日のプレーを木曜日のビデオ研究でもう一度見直して、日曜日までにいい状態で臨めるようにしましょう。

今日の試合結果

今日は松韻福島と30分1本、福島県の青年選抜と20分1本の試合を行いました。

久米さんは2週間部活来れていないにもかかわらず、4本でしたね。お疲れ様でした。

一本目はラガーの方々に、二本目は福島大学の方々に助っ人をお借りしました。

ラガーの方々、福島大学の方々ありがとうございました。

さて、結果と反省です。

福島医大 7-14 松韻福島

福島医大 0-14

一本目はキックオフ直後に先制しましたが、その後は相手チームのフォワードを止められず、2トライ取られ、逆転されてしましました。

原因はいろいろあるのですが、まずFWはラガーの人に助っ人で入ってもらったのでそこのコミニュケーションができていないことだったと思います。FWはどういう風に攻めるのか、守るのかをもっと明確に決めて、助っ人の人にそれを伝えてから試合をしなければ、即席のチームなのですから、なにも話し合わなければ各自のバラバラなことをしてしまい人数は揃っていてもだめだと思いました。それが、FWのポイントサイドで相手が横にずれて二人目が入ってくるときのカバーができていない原因かと思いました。あとは各自のタックルはもっと練習しなければいけないと思います。

BKはスタンドとフルバックしか正規の人がいなかったので、サインプレーのミスは仕方ないところがあったと思います。しかし、タイミングが合わないときはしっかりと当たる姿勢を作って、ノックオンは防がなければいけないと思いました。そして、一番の課題はディフェンスのアップが遅いということでした。キックへのチャージも遅いですし、何よりスクラムからの1次攻撃でウィングまで回されてしまうのはいけないと思いました。しっかりアップをすれば2センのところでタックルで来て止められると思うのですが、今後アップを早くすることと、タックル、そして、ディフェンスのドリフトディフェンスの練習も必要だと思いました。

課題であった、エリアマネジメントはもう少し連携が必要だと思いました。まだ、この方針は始めたばかりなのでこれからも続けていき、連携を深めていきたいと思います。

四定戦の結果

先日行われました四大定期戦は

一日目

対山形大戦 50-0 敗戦

二日目

対秋田大戦 59-0 敗戦

と残念な結果でした。

応援に来ていただいた米地先生、井上先生お忙しい中、

山形まで御出で頂きどうもありがとうございました。

先生方から頂いたアドバイスをしっかり受け止めて、次の試合に生かしていきたいと思います。

今日の反省会では主にフィットネスとディフェンスが挙げられました。

一人ひとりのタックルがまだまだ甘い点、キック処理など、ディフェンスの悪かった点をひとつひとつ改善して

自分たちのスタイルを確立していきましょう。